top of page
検索
  • 執筆者の写真小林 修一

水はけ対策(排水溝深堀り) (2021/4/11)

更新日:2022年5月8日


(深堀後排水路内からの写真)


前回、排水路の出口拡張を行い、そこまでの排水路を再度掘りなおしました。


まあ、さておき、まず溝です。


秋口に結「構」掘りましたが、その溝、かなり草で覆われています。


それから、溝の「(排水)出口」ですが、用水路と畑の仕切りがコンクリートでして、コンクリートに排水穴はあいているのですが、きもち5~10cm位水がはけない高さなので、以前分排水されない水溜まりが発生していました。「水はけ」はとりわけ重要と聞いていますし、折角溝を掘っても水溜まりが出来ては効果半減です。そこで、まずはなんとかコンクリートを砕いて水はけ改善と考えました。


自宅にある道具は金づち。すこし大きめのものもあったのですが、途中、金具部分が抜け落ちました。結局、小さい金づちのとがった部分でコンコンコンコン、「ショーシャンク」のようにコツコツ打ち続けました。20分ほどコンコンした結果、小さな幅ですが、5~10cm穴を下げることができました。これで、出口は完了。




およそ55cmの深さで掘りました。これで、梅雨時期の水はけもばっちりだと思いました。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page