top of page
検索
  • 執筆者の写真小林 修一

越冬ブルーベリーとバス停での思い (2020/12/24)




京都の自宅への帰りはいつもの18:50の最終バスです。時期的にすっかり暗いせいもあるのですが、乗客はわたし一人。このバス停の両隣は実家の田んぼ用地(片方は畑になっています)。





500円苗1年生のコースタル、ジャージー、ケープフィアーは紅葉中ながら横伸びのきらいがありました。やっぱり安い苗からか?あるいは1年生には路地は厳しいのか?あるいは、マルチをしてなかったからか?(マルチが原因ならごめんですね)


















今回植えた20本がうまく育ってくれたなら、この両脇の土地にブルーベリー農園をつくれたら、そして、このバス停に乗り降りする人がブルーベリーを食べに来てくれたら、期待が膨らみます。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page