top of page
検索
  • 執筆者の写真小林 修一

鉢植え② 初回潅水チューブつくり (2020/11/26))

更新日:2022年1月9日




夜、次の日の潅水まわりの準備に、ホースへの穴あけと、繋ぎのミニバルブをホース穴へ装着、分岐チューブとドリッパーの取り付けにとりかかりました。



鉢は34Lのもの、2年生苗、なにより鉢は移動もできますので、今回樹間の間隔を130cmとしました。これで10mに8本置ける計算です。



そこで、ホースを130cm毎にテープで刻んで穴あけを行いました。

安物ですがインパクトドラーバーは役立ってくれました。

3mmドリルではミニバルブの差込がきついので、400円の△ドリルアタッチメントを購入しこれでもうすこし穴を広げました。



ミニバルブの差込は手作業だとすぐ指元が痛くなります。ペンチで挟んでぐいぐい押せればと思ったのですが家に見当たらず、結局手押しでなんとかやりきりしました(かなり親指根本がいたくなります)。



ミニバルブ、分岐チューブ(8mmホース15m)とドリッパーですが、これはYouTubeの簡易潅水システムのつくり方で紹介されていたものをアマゾンで注文1700円でした。


たまたまですが、今回丁度購入した資材ほぼ使い切りでした。


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page