top of page
検索
  • 執筆者の写真小林 修一

ブルーベリーを食べる驚きのメリット 活性酸素吸収

更新日:2021年11月16日


ヒトが呼吸をすると体内に取り込まれた酸素の1%程度は活性酸素となり、それが細菌などから体を守るそうです。しかし、ストレス、紫外線、喫煙などは、活性酸素を異常生成するそうです。そして異常な活性酸素は細胞膜などに酸化的悪影響をもたらし、ガン、老化、その他生活習慣病をもたらすようです。わたしの家系も癌家系です。母は10年腎癌闘病してきています。


異常な活性酸素からからだを守るには、体内の消化システムが役立っているようです。そのほか、食品中の抗酸化物質(カテキン、フラボノイド、カロチノイド、アントシアニン、ビタミンC、ビタミンEなど)が重要なようです。5台栄養素+食物繊維に続き、注目されてきています。


食品中の抗酸化物質は、活性酸素吸収能力があります。Oxigen Radical Absorbance Capacity 英語ではこうなり、略してORACと標記されています。ORACは野菜や果物に多く含まれているのですが、ブルーベリー群を抜いています。例えばオレンジの約4倍、リンゴの約8倍含有されています。



閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page